girl-1589844_640

20代のスキンケア選びのポイント

管理人

過剰なぜいたく成分は不要
テカリが気になるなら保湿力を上げることが第一!

肌代謝が活発で、コラーゲンの自製もできる20代には、高機能なものは必要ないでしょう。

シンプルながら過不足のない、バランスの取れた基礎化粧品が理想です。

Tゾーンのテカリ、気になってませんか?

でも20代だと、Tソーンのテカリが気になるという人が多いですよね。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

それは皮脂が過剰に出すぎているためですが、ではなぜ出過ぎてしまうのか知っていますか?

答え。『肌の水分量が足りないために、代わりに皮脂を大量に分泌させて乾燥から守っている』から。

つまり、保湿不足というわけです。

もちろん体質的に脂が出やすいという人もいますが、意外に20代で多いのがこの脂性乾燥肌なんです。混合肌といえば分かりやすいでしょうか。

「一日に何度もあぶらとり紙を使っちゃうから、自分はオイリー肌」と思い込んで、せっせとアブラをとったり、スキンケアの油分ばかり気にして保湿をおろそかにしていると、皮脂は出続ける一方です。

解決法は、保湿力の強化。これが何より重要です!

保湿は究極の美肌の基本。しっかりと水分を閉じ込め、うるおいを持続させるためのケアを心がけましょう。

皮脂の出過ぎがニキビを作る

また、皮脂の過剰分泌を放おっておくと、毛穴に皮脂がたまって汚れが付着し、菌が発生してしまいます。そう、ニキビの登場です。

保湿力の低下→テカリ(皮脂の大量分泌)→毛穴の黒ずみニキビ発生

テカリも、毛穴の汚れも、ニキビもイヤですよね!

20代らしい、メイクのはえる健康的な素肌のために選びたいオールインワンゲルをご紹介します。

20代におすすめしたいオールインワンゲルランキング!

 おすすめ第1位

 メディプラスゲル

  • モンドセレクション4年連続金賞受賞
  • 美容成分を66種類も配合
  • 購入者の97%が満足

価格 初回限定 2,996円
効果 保湿・エイジングケア
満足度 icon-star50

皮膚科や美容外科でしかお目にかかれなかったドクターズコスメを、一般ユーザー向けに開発したのがメディプラスゲルです。
高濃度セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分をはじめ、コラーゲン・ビタミンCといった美肌作りに不可欠な成分を66種類も配合。
また美肌の名湯として有名な「玉造温泉水」を取り入れているのもポイントです。添加物は必要最低限まで抑えられおり肌にもかなりやさしい。敏感肌の人にもオススメできます。
伸びの良さや浸透力にもすぐれているので、リピーターが多いのにも納得です。肌質や年齢を選ばない、万能でかなり完成度の高いオールインワンだと評価できます。
※リニューアルして「モロモロ」が出なくなりました。


 おすすめ第2位

 バランシングゲル

バランシングゲル001

  • セラミド+プロテオグリカンで圧倒的保湿力
  • 6つの無添加処方
  • @コスメで1位の実績

価格  3,725円
効果 高保湿・敏感肌対策
満足度 icon-star35

ミス・ユニバースも愛用。@コスメで1位を取ったこともあり、クチコミ評価も高いです。
乾燥性敏感肌を改善するする工夫が盛り込まれたオールインワン。ゲルをお肌と同じラメラ構造にすることで、肌なじみを良くし、浸透力をあげています。
ノンケミカルなため敏感肌でも安心。
アンチエイジング力には欠けるため20代~30代向けでしょう。
1本で他メーカーよりも長く使え、コスパの良さがバツグンです。


 おすすめ第3位

 パルクレールジェル

  • 無添加ニキビ美容液
  • 業界初の永久返金保証書付き
  • 美白もできるニキビケア専用ジェル

価格 4,980円
効果 ニキビケア
満足度 icon-star50

「大人のニキビケア」に特化した薬用オールインワンです。ニキビケアに有効なアラントインと美白成分プラセンタの2大美容成分を高濃度配合。ニキビ跡を作らないつるつる肌に導きます。
人気モデルも多数愛用。MODELPRESSやスキンケア大学などの美容系サイトで高く評価されるなどニキビケアのマストアイテムとなっています◎
10の無添加処方、アルコールフリーなので、敏感なお肌や肌荒れで傷んだお肌にも安心。
メイク前に使用するカラーコントロールがもらえます。


20代のスキンケアで大事なこと

20代のお肌は、まだターンオーバー(肌代謝)も正常に機能していますし、シミや小じわといった肌悩みも少ない幸せなお年頃。

紫外線対策をする、睡眠時間をきちんと取る、食事に気を配るなどを心がけていれば、良好な肌状態が保てるはずです。

よく聞く悩みといえば、冒頭でお話したテカリやニキビトラブル、日焼けによるダメージ、などではないでしょうか。

管理人も同じく、ニキビが天敵でしたし、うっかり日焼けで鼻の頭がよくめくれてました(恥)

紫外線対策はとにかく意識し続けることが必要です。一年中降り注いでますからね。

20161005

日焼け止めは、夏はかならず、冬でもSPF15以上の下地クリームをおすすめします。

この時期に紫外線を無防備に浴びた人とそうでない人の差が、40代になって爆発します(※経験談)

20代といえば気合の入ったメイクをする機会が多いかもしれませんが、クレンジングの仕方にもご注意を。

ゴシゴシとこすったり、洗顔料の洗い残しが原因で、肌に過度な負担がかかっていることがあります。適量をつかって、肌の表面をやさしく撫でるように落とすのがポイント。

特にアイメイクはしっかり落としておかないと、まぶたに色素が沈着してしまうことがあります。

クレンジング後の洗顔は十分に泡だてて、やさしく丁寧に行いましょう。

クレンジングも洗顔も、何度も水(ぬるま湯)を変え、しっかりと洗い流してくださいね。

20161005-2

20代は肌の回復力も高くシミやシワが気にならないため、スキンケアに手を抜きがちです。
でもこの時期ためこんだダメージは、必ず30代以降で姿をあらわしてきます。
保湿・紫外線対策・洗顔、の3ポイントだけでもしっかり抑えて、未来の美肌を守りましょう。

余談ですが・・・有名ブランドの化粧品について

20161005-3
20代といえば、美容に対する関心が高まる年代です。

雑誌などで目にする、外資系ブランドのきらびやかさに心惹かれることでしょう。

管理人もシャ○ルや資○堂など、雑誌やCMで紹介される高額なスキンケアコスメにばかり手を出していました。

でも今だから言えますが、「もったいなかった!」

モデルや芸能人が使ってて、使う時もちょっと優越感があったり。分かります、すごく。でも!

自然治癒力が高く、代謝も活発な20代に、高額なスキンケアラインや美容液は必要なかったんです。事実、使ったところでそれほど変化が感じられず。

むしろ、海外の成分がなんだか合わずに、肌荒れや痒みを起こすこともしばしば。

あなたは経験ないですか?

もちろんそういうチョイスが悪いなんて思いません。ただ、「まだ必要がない」ということが、往々にしてあると思うのです。

老婆心で言いますが、だったらその分メイクに投資したり、洋服を買ったほうが何倍も有意義ですよ!

このサイトで紹介しているオールインワンゲルもコスパがかなりいいですから、浮いた予算をかしこく使ってもらえたら、と密かに思っています。