オールインワンでありがちな「モロモロ」って?

オールインワン愛用者の口コミで、「モロモロが出る」というのを目にしたことはありませんか?

あるいはご自分で使っていて、モロモロと呼ばれるカスのようなものが出て困っている人もいるのではないでしょうか。

特にメイクをする時に出てくることが多いので、キレイに仕上げられずにイライラしちゃいますよね。

%e3%83%a2%e3%83%ad%e3%83%a2%e3%83%ad3

一体このカスの正体は何なのでしょうか?
対処法はあるの?

そんな疑問と対策を調査してみました。

モロモロが出る原因と対策

これがウワサのモロモロです↓↓

%e3%83%a2%e3%83%ad%e3%83%a2%e3%83%ad

原因はカルボマーという成分

オールインワンには、界面活性剤(乳化剤)の代用として「カルボマー」という成分を使用していることがあります。

カルボマーは、テクスチャーをジェル状にするための成分で、界面活性剤よりも安全性が高いといわれています。
また、使用感を良くしたり簡単に洗い流せたりと使い勝手がいいので、化粧品やシャンプーなどの生活用品に広く使われるようになってきました。

ただこのカルボマーが、モロモロの大きな原因だろうといわれているんです。

肌やメイク用品に配合されている成分と反応してカスが出るという説もあります。

管理人

でも安心してください
使い方に気をつければ、このモロモロの発生を抑えることができるんですよ~

対策1 ゲルが乾いてからメイクを!

オールインワンを塗ったあと、ゲルが完全に乾く前にメイクをするとモロモロが出やすくなります。

しっかり浸透して、肌が乾くのを待つ!

これだけでモロモロはかなり抑えられるんです。
経験上、最低でも5分、30分も開ければOKでしょう。

朝に、洗顔→オールインワン→メイクという一連の流れで行っている人は、メイクの前に朝食をとるなどの時間調整をしてみてくださいね。

対策2 こすりすぎないこと

オールインワンをつける時、擦り込むようにのばすのはNGです。
すべらせるように広げ、手のひらを使って軽く押さえ込むようになじませましょう。

メイクの際にスポンジで強めにファンデを塗るクセがある人も要注意。

摩擦によってモロモロが発生してしまうことがあります。
ファンデを塗るときは、化粧品売り場のBAさんがやってくれるように、サッと撫でるぐらいの力加減が理想です。

できれば塗り広げるのではなく、軽く叩き込むイメージで。
リキットタイプでもパウダリーでも同様です。

肌への摩擦をくり返していると、乾燥やシミの原因にもなってしまいます。

もちろんマッサージをする時も強くこするのは厳禁です!

%e3%83%a2%e3%83%ad%e3%83%a2%e3%83%ad2

まとめ

わたしは昔、このモロモロを見て「自分の皮膚が削れてしまったんじゃないか」と怖くなったことがあったのですが、謎が解けてからはもう安心。

使い方に少し気をつければいいだけですし、最近のオールインワンゲルだとモロモロが出ない工夫をしている商品が次々と開発されています。

例:2016年にリニューアルしてモロモロがでにくくなったメディプラスゲル

オールインワンは時短と美肌を可能にしてくれる画期的なアイテムです。
モロモロをデメリットとして考えず、ぜひ上手に活用して毎日のスキンケアを楽しんでくださいね。